本庄児玉病院|入院・外来のご案内

外来のご案内

診療科目 精神科
診療時間 平日 9:00〜12:00
14:00〜17:00
土曜午前 休診中
休 診 日 日、祝日、土曜午後

電話連絡のうえご来院ください(※完全予約制)
TEL.0495-73-1611


【初診のかたへ】

当院の外来では、認知症(アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症・レビー小体型認知症・前頭側頭型認知症など)・うつ病・躁うつ病(双極性障害)・統合失調症・不眠症・不安症(不安障害)・パニック障害などの精神疾患全般を診療しています。バランスのとれた、丁寧な診察を心がけています。

すべての外来診察は完全予約制ですので、初診のかた、および予約日の変更をご希望のかたは、お電話でご連絡ください。

TEL 0495-73-1611


【物忘れ等が気になる方へ】

当院では必要に応じて、認知症の診断に以下を行っています。


問診

ご本人・ご家族等に日々の生活の様子や経過をお聞きします。お話だけでも、認知症の種類や、あるいは認知症ではない疾患の可能性について、わかることが沢山あります。

◎病歴(主訴、現病歴、既往歴、病前の性格など)

◎視診・問診(表情、着衣、身だしなみ、行動、睡眠、食事、排泄などの状況)


頭部CT

脳の萎縮、萎縮の強い場所、梗塞や出血、水頭症の合併などが確認できます。脳外科的治療が必要であると判断された場合には他の病院を紹介する事もあります。


血液検査

ホルモンバランスの異常やビタミンの欠乏で、認知症と似た症状が出てくることがあります。


長谷川式簡易知能検査

簡単な質問に答えていただき認知機能を客観的に評価します。短時間で実施できるのが特徴です。


コグニスタット

口頭による質問形式の課題や、図形や文字を見たり描いたりする課題など、より詳細に全般的な認知機能を評価することができます。患者様の「保持されている能力」と「低下している能力」を知る事が重要な意味を持ち、また、治療や介護の方針の決定に活用され、検査時間は概ね45分前後かかります。


【USPT専門外来―解離性障害の治療】


(A) 自分の身体・考え・感覚が、本当に自分のものであるという実感がない。

(B) 自分と外の世界との間に、膜のようなものが存在していて、世界が生き生きと感じられない。

(C) 過去の一定期間のことを思い出せない (例:小学○年生のときの記憶がすっぽりと抜けている)。


…このような症状で悩んでいる人はいらっしゃいませんか?

当てはまる場合、解離性障害という心の病気かもしれません。解離性障害とは、おおまかに説明するなら、「意識が飛ぶ、記憶が抜ける、自分が自分であるという感覚がない」精神疾患のうち、それが薬物や基質性疾患(てんかん、頭部外傷など)の影響によるものではないものです。

これらの症状は一般に、周りの人の理解が得られにくく、それゆえ苦悩がさらに深まる…という悪循環におちいる場合が多いです。きっと、やりきれず、とても辛い状況だとお察しします。

そんな解離性障害について、日本を代表する精神科医の中井久夫先生と松本俊彦先生は、それぞれ著書の中で次のように述べています。


「解離という現象は、臨床的に他の現象と違って、自我意識の一貫性・単数性・連続性があやしくなるものなので、これだけはまた別個に考えたい。他の精神科的現象全体と対立させて1項目にしたいほどだと筆者は思う。(中略)実際、解離性障害と多重人格の治療には催眠術が必要である」
(中井先生)


「残念ながら、わが国の精神科医の一部は、いまだに解離性同一性障害を詐病まがい病態か、あるいは一部の『物好き』精神科医の過剰診断が作り出した医原性の病態と考えているようである。しかし、少なくとも筆者には、潜在する解離性同一性障害に気づくことで治療に打開策を得た経験が何度かある。それゆえに、鑑別診断の引き出しに『解離性障害』という選択肢を常備しておくことは、まちがいなく臨床家としての幅を広げると信じているのである」
(松本先生)


このように中井先生と松本先生は、解離性障害がきちんとした精神疾患であるということを記していますが、逆に言うと、日本ではまだ解離性障害の治療をできる医療施設が限定されているのかもしれません。

解離性障害には離人症(上記症状のAが主体)、現実感消失症(Bが主体)、解離性健忘(Cが主体)のほか、解離性同一性障害(いわゆる多重人格)や、つらい感情を潜在意識に引き受けさせる内在性解離などがあります。


解離性同一性障害(多重人格)は、「記憶が抜けている」ときに、「別の人格」が出現する疾患です。以下の項目に当てはまる人は、意識が飛んでいるときに、別人格が出現している可能性があります。


  • (1)ある場所に、知らないうちにたどり着いていた。
  • (2)買った覚えがないものが部屋やポケットの中にある。
  • (3)LINE・FacebookなどのSNSやメールで、自分が入力したおぼえのないメッセージを送った履歴が残っている。
  • (4)自分の横にもう1人の自分が立っているような感覚がある。もう1人の自分の声が聴こえる。

それに対して、内在性解離は、別人格が潜在意識にとどまっていて、表面意識(顕在意識)にでてくることはありません。以下の項目に当てはまる人は、内在性解離の可能性があります。


  • (1)感情を溜め込みやすい。
  • (2)(あのときこうすれば良かったなどと、)過去の自分と自問自答(あるいは脳内会議)する。
  • (3)その場と関係のない感情(悲しみ、怒りなど)が湧いてくることが多い。
  • (4)過去のつらい体験を、過去の感情とともに突然思い出し、それをコントロールできない。

解離性同一性障害も、内在性解離も、切り分けられたピザのように、もともと1つだった人格がいくつかの部分(人格部分)に分かれるので、1つの人格部分あたりの心のエネルギー量は少なくなります。その結果、わずかなストレスにも悪影響を受けて疲労感やいやな気分が残り続けるようになってしまいます。

当院では、USPT(タッピングによる潜在意識下人格の統合法)という手技による、解離性障害の治療を行っています。中井先生が述べた「催眠術」を、「潜在意識に働きかける方法」だと解釈するなら、USPTはまさにそんなメソッドに該当すると思われます。


USPTに関して、詳しくは書籍「症例X(小栗康平先生著)」をご参照ください。この書籍に、「USPTを手がける施設」として当院が紹介されています。USPTによる治療は、外来診察ののち、手技の適応があると医師が判断した場合に行います。


また、内在性解離によって心が疲弊すると、当然ながら「疲れやすい、悲しい気分が続く、やる気が出ない、よく眠れない」といった症状がみられるようになります。この場合、表面上はうつ病と見分けがつきませんが、内在性解離が不調の原因のため、うつ病の治療を受けただけでは症状が改善しません。うつ病や適応障害(あるいはその他の精神疾患)がなかなか治らないという方も、一度ご相談下さい。


現在、埼玉県内や群馬県南部のみならず、その他の都県から受診を希望される患者さんもいます (直接のご相談の場合もありますし、他の病院やクリニックからのご紹介により受診される場合もあります)。幅広く、治療のニーズに応えることを目指しております。

すべての外来診察は完全予約制ですので、こちらもお電話でご相談・ご予約下さい。

TEL 0495−73−1611 (〒367-0212 埼玉県本庄市児玉町児玉720)


埼玉県本庄市児玉町児玉720本庄児玉病院医師

医師紹介
2000年 群馬大学医学部卒業
本庄児玉病院外来医長 新谷宏伸医師
 ・精神保健指定医
 ・USPT研究会理事長

主な活動
2015年……
日本精神神経学会、日本精神科診断学会、日本森田療法学会、日本社会精神医学会の4学会学術大会で、口演発表を行いました。また、雑誌「精神科治療学」に総説論文が掲載されました。
2016年……
USPT研究会理事長に就任しました。日本精神神経学会と日本森田療法学会の学会学術大会で、口演発表を計4演題行いました。日本社会精神医学会で、ポスター発表を行いました。日本催眠学会のワークショップで、USPT関連の発表を行いました。また、雑誌「精神科治療学」にオピニオン論文が掲載されました。
2017年……
第1回USPT研究会ワークショップ(名古屋)を開催しました。また、6月には、第113回日本精神神経学会学術大会のシンポジウム「解離性同一性障害の診断と治療」で、メインコーディネーターおよびシンポジストとして登壇予定です。

Copyright © 2009 Honjokodama Hospital All Rights Reserved.